医療マンガ大賞

医療マンガ大賞

受賞作品決定

IRYO MANGA TAISHO 2019 作品発表

テーマ1「転院/退院」

患者

LOGLINEさん

原案エピソードはこちら

審査員コメント

このテーマに関連する横浜市の取り組み

「病院」には実は異なる役割があります。急な発病や急激な症状悪化を担当するのが急性期病院です。病状が安定したら、より専門的なリハビリ等が必要な場合や、急性期での治療が終了した場合に、かかりつけ医やお近くの医療機関への転院・退院をお願いしています。医療機関の役割分担や機能分化について、よこはま保健医療プラン2018で紹介しています。

あなたの気づきや思いを
添えてシェアしてください

受賞作品決定

IRYO MANGA TAISHO 2019 作品発表

医療の視点について

IRYO MANGA TAISHO

医療の視点とは?

「医療への視点が少し変わることで、異なる気づきが得られ、行動につながる」をコンセプトに横浜市は2018年9月から取組をスタートしています。民間企業等との連携や、市民の皆様の関心事にフォーカスすることで、より印象に残りやすく、伝わりやすい広報に様々な切り口で取り組んでいます。

その他の展開プロジェクト

横浜市では、医療を「他人ごと」ではなく自分自身のことと捉えていただけるよう、民間企業等との連携による手法で、さまざまなプロジェクトを展開中。