医療マンガ大賞

医療マンガ大賞

マンガ作品募集期間

マンガ作品発表日

ニュース&イベント

お題発表 & マンガ作品募集開始のお知らせ

この度、患者や医療従事者の“視点の違い”を描くマンガ賞「医療マンガ大賞」の作品募集を開始します。

「転院/退院」「人生の最終段階」「救急」「心が動いた/動かされた医療エピソード」の4つのテーマで、それぞれ患者視点と医療従事者視点からエピソードを制作いたしました。エピソードを”あなたの視点”でアレンジしてマンガにしてください。

マンガ作品の詳しい応募方法については、下記のURLよりご参照ください。

■エピソード発表ページ
https://comici.jp/articles/?id=8938

■マンガ作品エントリーページ
https://comici.jp/stories/?id=28

マンガ作品のエントリー期間は、9月30日(月)から10月10日(木)まで!

11月初旬に医療マンガ大賞WEBサイト内で受賞作品を発表予定です。

皆様のご応募をお待ちしております。

トークセッションイベント09/30開催のお知らせ

この度、9月30日(月)17:30 - 19:00(受付開始17:00)BankART Stationにて「医療マンガ大賞」初開催を記念するイベントを行います。トークセッションでは、佐渡島庸平さん(株式会社コルク/編集者)のほか、審査員を務めるマンガ家や医療従事者が多数登壇し、「医療とマンガの可能性」をテーマにお話しします。

編集者、マンガ家、医療従事者、それぞれの視点で、これからの医療に求められる情報発信から、医療に関するマンガ作品を執筆する際のポイントまで、ここでしか聞くことのできない内容のトークセッションイベントです。

「マンガの応募を検討している方」「マンガは描かないけどトークセッションに興味がある方」等、どなたでもご参加いただけます。

「医療マンガ大賞」トークセッション開催概要

日時:2019年9月30日(月)17:30 - 19:00(受付開始17:00)

場所:BankART Station(横浜市西区みなとみらい5-1 みなとみらい線新高島駅直結)

登壇者:
佐渡島 庸平(㈱コルク代表取締役会長/編集者)
こしの りょう(マンガ家)
大塚 篤司(SNS医療のカタチ/医師)
井上 祥(㈱メディカルノート代表取締役・共同創業者/医師)

プログラム:
医療マンガ大賞趣旨説明、医療とマンガの可能性をテーマにしたトークセッション、フォトセッションなど

対象:【こんな方におすすめ】
・医療マンガ大賞への応募を検討しているマンガ家さん
・横浜市の医療のことや医療の視点プロジェクトに関心が有る方
・横浜市とSNS医療のカタチ プロジェクトの取り組みに興味がある方

入場料:無料でご参加いただけます。

参加申込方法:
■一般の方の申込先:
下記のURLよりお申込みください。
https://iryo-manga-taisho.peatix.com

■メディア関係者申込先:
city.yokohama@ozma.co.jp までお問い合わせください。

マンガ作品募集期間

マンガ作品発表日

医療の視点 YOKOHAMA

医療の視点について

医療の視点とは?

「医療への視点が少し変わることで、異なる気づきが得られ、行動につながる」をコンセプトに横浜市は2018年9月から取組をスタートしています。民間企業等との連携や、市民の皆様の関心事にフォーカスすることで、より印象に残りやすく、伝わりやすい広報に様々な切り口で取り組んでいます。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/iryo/iryonoshiten/iryonoshiten.html

その他の展開プロジェクト

横浜市では、医療を「他人ごと」ではなく自分自身のことと捉えていただけるよう、民間企業等との連携による手法で、さまざまなプロジェクトを展開中。

#胸キュンチェック